So-net無料ブログ作成

北陸の温泉地を視察 [研修旅行]

〔10月8日-10日〕
ざっと流します。
安曇野7:00→中央道→名神高速→北陸道→敦賀IC→「越前がにミュージアム」12:00(さすがに乗り疲れ)
ここで越前がにの生態やかに漁の歴史に触れました。
IMG_0857.JPG
昼食の後、福井IC→加賀ICと移動して 「ゆのくにの森」15:00。
ここには輪島塗の館、友禅の館、九谷焼の館、オルゴールの館、金箔の館などがあり
加賀の伝統工芸を観たり体験することができます。

一泊目、石川県加賀市山代温泉16:15
ゆのくに天祥 YUNOKUNI TENSYO
いろいろなお風呂が楽しめて良い◎。
泉質は「ナトリウム・カルシウム - 硫酸塩泉(弱アルカリ性低張性高温泉)」
入浴後、「温泉たまご手作り体験」をやってみました。
IMG_0873.JPG
温泉に入れて30分。
できあがったら塩や醤油などが用意してあるので
自分の好きな味付けで食べることができます。

宴会料理って途中で飽きるか、お腹が一杯になって意外と食べきれないものですが、
ここの料理はとてもおいしくて、酒を飲みながらもほとんどの人が完食でした◎。
ビール、焼酎に加賀の地酒と結構飲みましたが、二日酔いになっても大丈夫。
IMG_0874.JPG
飲泉ができます。

山代9:00→加賀IC→金沢西IC→金沢城公園と兼六園を見学。
金沢城公園の「五十間長屋」いいです。復元した建物ですが、
伝統的な木造軸組工法を観ることができます。
木と木は「仕口」、「継ぎ手」、「ほぞ」、「ほぞ穴」と呼ばれる凹凸を造って
組み合わせ、木で作ったクサビを打って外れないようにしてあるそうで、
クギやボルトは使わないそうです。
IMG_0892.JPG
兼六園はやはり松が良いです。雪化粧した時期にも来てみたいですね。
「奇観亭」で昼食後、能登有料道路→キリコ会館・漆器会館を観て和倉温泉へ。

和倉といえば「加賀屋」。
「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」で28年連続加賀屋が総合部門1位だそうです。
一度は泊まってみたい、と思っていました。
やはり規模が違いますね。従業員600名。
お風呂にもエレベーターがありました。
宴会のあとはシアタークラブ花吹雪で「加賀屋 雪月花歌劇団」雪組公演を観劇。
そして締めにはやはり「いしるラーメン」。

部屋に戻ったあと、なんだか飲み足りない感じがして出歩くと
ほろ酔い処「バーしぐれ」の名前に惹かれ立ち寄る。
昔よく飲んでいたバーボンやウィスキーがずらりと並んでいて
ついつい1時頃まで飲んでしまう。
SN3B0053.JPG

加賀屋8:30→のとじま水族館→国宝瑞龍寺→
「彩りの里 香月」で最後の食事。
海のものがそろそろ飽きてくる頃でしたが、今回の旅行、とにかく食べるものがおいしくて
最後の香月でも鯛の刺身、白エビのかき揚げ・・・
何でもおいしくて良かったと思います。
富山IC→安房トンネル→安曇野18:30解散。

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。